MENU

よくあるご質問

よくあるご質問
飲食店で働いており将来は自分のお店を持ちたいと考えています。どのような準備を進めていけば良いですか?

実際に独立するとなると、調理技術以外に起業・経営のノウハウとスキルが求められます。
例えば、コンセプト作り、開業計画書作成、物件探し、資金繰り、集客、人材採用・教育などに関するノウハウが必要です。チェックリストをご用意していますのでお問い合わせ下さい。

初めてお店を開業するにあたり、どれくらいの費用が掛かるものなのでしょうか?

業態や規模にもよりますが、店舗の物件費用・開業時の様々な什器備品・当面の運転資金が必要です。トータルで500万~1,000万位必要になるかと思いますが、居抜の物件を活用する、中古の厨房設備を導入する等色、色々節約する事も可能です。

どのように資金を準備すれば良いのでしょうか?

自己資金プラス借入れで用意されるかと思います。
条件にもよりますが自己資金はおよそ3割が一つのめどになるかと思います。
1,000万円必要であれば、自己資金300万円金融機関の融資で600~700万円とイメージして下さい。
またリースを活用する事で融資枠を活用する事も可能です。

料理人としての仕事はしてきたのですがいざ経営となると数値が弱くて不安です。

これまでの経験上、ほとんどの飲食店事業者が同じ悩みを抱えています。
1年で3割のお店が閉店に追い込まれる理由はそこにあると思います。
逆に数値を把握・コントロールできるお店が事業を継続し発展させることが出来ると言えます。
どんぶり勘定で経営を行っていくのか、早い段階から専門家のサポートを受けながらしっかりと数値の管理を行いながら経営を行っていくのか。その選択によって飲食店の成否が決まってしまいます。

飲食店を開店する際に必要な資格や手続きはありますか?

料理人の方は調理師免許をお持ちかと思いますが、実は飲食店の開業に必要な資格ではありません。
必要な資格や手続きは、「飲食店営業許可」「食品衛生責任者」「防火管理者」となります。
勿論サポートしますので安心ください。

開業する為、営業を行っていく為の業者さんや知り合いがいません。

不動産、内装業者、食材・酒類の卸し・レジや有線等すべての業種・業界の方をご紹介させて頂きますので安心して下さい。

飲食店を経営する上で一番大切な事は何ですか?

ずばり、「経営をする」という事です。
どんなに美味しい料理を提供しても経営が出来なければお店は存続できません。
経営が苦手、数値が苦手、だからといって学ぶ機会もないと諦めず、専門家の知見を活用していきましょう。

お店を長く継続していく秘訣は何でしょうか?

知ってもらう・食べてもらう・また来てもらう、このループを回すためにどのような努力を行えるか?が重要です。
言葉にすれば、美味しい・飽きない・親近感・帰属・新メニュー・お知らせなど。
あなたがお客様であれば?と逆の立場で考える事が重要です。